FANDOM


We Happy Fewの特徴編集

深いバックストーリーと世界観
新聞記事.jpg
本.jpg

We Happy Fewの魅力は深い世界観にある。実際にゲームの中で語られる事は少ないが、過去に起きた出来事などは新聞記事伝承等の文章から見識をえることが出来る。ぜひ実際にプレイしてWe Happy Fewの世界を読み解いてほしい。

自動生成されるマップとクエスト
マップ.jpg
クエスト.jpg

We Happy Fewのマップはゲーム開始時に自動生成が行われ、クエストや施設がランダムに配置される。そのためプレイヤーはゲームを開始する度に違う道筋をたどる事となる。本筋のクエストにも種類が存在しクリア条件も異なるため、リプレイ性が高くなっている。クエストには成功と失敗があるが、失敗した場合でも成功するよりも良いアイテムを獲得できるクエストも存在する。


ディストピアを生き抜く
ステータス画面.jpg
生き抜く.jpg

We Happy Fewには複数のエリア(地区)が存在する。プレイヤーはそれぞれのエリアの住民のように振る舞いつつ、目的を達成する必要がある。手段はプレイヤー自身の判断に任されており、様々な選択肢が存在する。キャラクターにはバイタルというステータスが存在し、食事や水分の摂取を行わないとステータスの低下や最悪の場合は死に至ることになる。そのため、限られた資源の中でプレイヤーは目的を達さなければならない。


多彩なアイテム
合成.jpg
スタッシュ.jpg

We Happy Fewでは食料や武器、薬など数多くのアイテムが存在する。。それぞれのアイテムには用途が決まっているが、他のアイテムをクラフト時に素材として使用することもできる。例えば、アルコールはそのままでは水分補給のアイテムだが、薬の素材や汚れた包帯包帯にする際に消費することとなる。新しい設計図の発見と次回のプレイ時にその知識を活かしていく事は本作品の楽しみかたの一つでもある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki